Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

伝統工芸職人「江戸小紋」

江戸時代から現代に受け継がれ、精緻で、遠目にはまるで無地にも見える細かな柄を表現する染め技法。古くから使用されてきたバリエーション豊かな型紙を使用し、技術と集中力で生地に防染糊を丁寧に塗っていく。その後、丁寧に調合された色糊を全体に塗り、蒸し、洗いなどを経て完成する。全ての工程に江戸時代から受け継がれた技が結集し作られる見事な色合いと美しい柄は現代では着物だけではなく、スカーフやネクタイなど幅広く愛用されている。