Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

かやぶきの里 京都美山

2017.5.22
京都市内から車で約1時間ほどで京都府最大の面積を持つ南丹市の美山町がある。豊かな自然と茅葺き民家が多く残り、古き良き時代の日本の原風景が今も守られている。 美山町は800〜900メートル級の山々に囲まれた谷あいの山村でもともとは林業や農業を中心に栄えた町であったが、近年では観光が大きな産業となっている。かつては福井県高浜町などの日本海沿岸から京都市へと続く街道「西の鯖街道」としても栄え、高浜から京都へ運搬される荷を下すための中継地でもあった。沿道となる鶴ヶ岡地区、宮島地区には、現在でも街道としての名残を残す史跡や行事なども存在している。

※この動画をご利用の際は、音楽素材の差し替えが必要となります。