Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

岐阜県関市「モネの池」

2017.5.22
約800年前、鎌倉時代より刀鍛冶が栄え、現代ではその歴史を受け継ぎ刃物の街となった岐阜県関市。そんな関市に高い透明度とスイレン、そこに鯉が泳ぐ名もなき池がある。その様はフランスの印象派画家クロード・モネが描いた「睡蓮」を彷彿させることから「モネの池」と呼ばれ、人気スポットとなっている。

※この動画をご利用の際は、音楽素材の差し替えが必要となります。