Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

雪の白川郷

2017.5.22
両手を合わせたように見える山形な茅葺の屋根が特徴の合掌造り。豪雪地帯に暮らす人々の工夫と知恵によって独特な形が生みだされ、その集落は白川郷・五箇山でしか見られない。1995年にはユネスコ世界遺産に登録された。霊峰白山の麓に位置する白川郷では12月から3月下旬まで雪が降り、山々や合掌造りの集落などは一面が白く染まる幻想的な雰囲気となる。

※この動画をご利用の際は、音楽素材の差し替えが必要となります。